PROFILE


MCU(from KICK THE CAN CREW)

1973年8月1日生まれ。東京都巣鴨出身。KICK THE CAN CREW、ULのMC。DJ TATSUTAらと共に16歳でRadical Freaksを結成し活動を開始。

1997年KREVA,LITTLEと共に「KICK THE CAN CREW」を結成。2001 年シングル「スーパーオリジナル」でデビュー。以降「イツナロウバ」「クリスマス・イブRap」「マルシェ」「アンバランス」など数々のヒット曲を生み出し、2002 年には紅白歌合戦に出場。ソロ活動としては、2002年浜崎貴司(FRYING KIDS)をフィーチャリングしたシングル「幸せであるように」をリリース。2004年KICK THE CAN CREW活動休止後、7月に再び浜崎貴司をフィーチャリングしたシングル「サーフライダー」でソロ活動を本格的にスタートさせ、宮沢和史(THE BOOM)やデーモン小暮閣下、TERU(GLAY)などとのコラボレーション楽曲をリリースして話題に。2010年2月ソロ活動7年間の集大成として「BEST OF MCU」をリリースした。

2011年 LITTLEと共に「UL」を結成。2014年3月KREVAプロデュースによるULデビューアルバム「ULTRAP」をリリース。2015年4月超豪華ゲストアーティスト&作家陣が参加したUL2ndアルバム「Boys & Gentlemen」をリリース。

 

2014年8月には、前触れなく「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」にてKICK THE CAN CREW復活のステージを飾ると、2017年 KTCC 結成20 年という節目をきっかけに、14年ぶりの新作「KICK!」発売&日本武道館にて「復活祭」を開催。同年12月には約14年ぶりとなる全国ツアー「LIVE TOUR 2017“タコアゲ”」を成功させた。2018年8月29日には約15年ぶりとなるニューシングル「住所 feat.岡村靖幸」をリリース。そして9月1日、日本武道館にて「現地集合 ~武道館ワンマンライブ~」を開催。そのライブの模様が2019年5月22日に待望の映像作品としてリリースされた。現在まで全国各地のフェスやイベントに出演している。

一方でSNSやゲームイベントなどを中心に”ゲーム愛“を公言し続け、ゲームの世界にも“MCU”の名を着実に浸透させ、ついに2018年8月、ニンテンドースイッチ『プロ野球 ファミスタ エボリューション』公式テーマソングを担当。シリーズ初の主題歌で発売同日に全世界配信、そしてMVも話題になった。更に〈えむしゆ〉として“ナムコスターズ”の一員としても大活躍。また、同年12月にはPS4『JUDGE EYES:死神の遺言』に、ゲームセンター“シャルル”の店員役として出演。1年に2本のゲームに出演したアーティストは前代未聞?とてつもない快挙で「MCU」の名前をゲームの世界でも轟かせている。

さらに、中古アイテムをリユース販売する店舗を全国に展開する「ハードオフ」愛も公言するMCUは、その気持ちをラップで表現した『ラブハドフ』を2019年3月1日に「ハードオフ」限定でリリース。ご近所店舗はもちろん、仕事や旅行などで地方を訪れた際には、必ず「ハードオフ」を訪れ、公式”ハードオフアンバサダー“としての務めも果たしている。

そのほかにも、名古屋発ラウドポップユニット 「TEAM SHACHI(シャチ)」の1st Single「Rocket Queen feat. MCU」、東京都中野区にある”面白かっこいい“がコンセプトの「謎の店」とのコラボ、ゲーム好きな勢いそのままに高頻度で更新が続くオフィシャルYouTubeチャンネル「MCUの百獣チャンネル」でのゲリラ的な新曲発表など、話題に事欠かないMCUの次のアクションから目が離せない。